トップページ >> 妊娠した時の葉酸の取り方

妊娠した時の葉酸の取り方

火曜日, 2月 21st, 2017 | tuskmvd580 | Uncategorized

サプリメント妊娠したら重要な栄養素は様々なものがありますが、中でも妊娠前から初期に摂取することを推奨されているのが葉酸です。
葉酸とは、水溶性のビタミンB群の一種でビタミンB12と一緒に赤血球の合成に働くため、造血ビタミンとも呼ばれています。
細胞を分裂させるなどの働きもあります。

このような働きから胎児は発育するときや乳幼児期、成長期の子供などは積極的に摂取することが良いとされています。
不足してしまうと特に胎児への影響が大きいことがわかっています。
不足することで胎児の神経管閉塞障害のリスクが高くなってしまい、神経管閉塞障害が起こると無能症や二分脊椎という重度の先天性異常を引き起こす可能性があることがわかっています。

このリスクを下げるためには葉酸を取り入れていくことが大切です。
また、早産や流産のリスクを軽減するのにも効果があります。

葉酸はレバーや葉野菜などに多く含まれています。
しかし、水溶性のビタミンのため加熱調理すると損失しやすくなってしまいます。
この性質から必要量を十分に摂取するのは難しいためサプリメントの利用がおすすめです。
一日に必要な量としては妊娠中は400μgとされていおり、最高でも1000μgです。
それ以上は過剰となってしまうため注意するようにしていきます。
これは食事にサプリメントを足して総合的に考えます。

妊活中にもいる栄養素のため飲み始めるのは妊活をしようと決めた時から飲み始めるのが一番良いとされています。
もっとも重要な期間は妊活中から3カ月までだと考えられています。
その頃が胎児の脳や脊髄の成長が行われるため、葉酸が細胞分裂によって脳や脊髄の奇形のリスクを減らすことができます。

この期間が重要ですがそれ以降も貧血を予防したり、赤ちゃんの低体重を避けるためにも引き続き飲んでいくことが様々なリスクを避けることにつながります。
葉酸を選ぶ場合には、安全性の高い葉酸の働きを助けるビタミンB12の配合されているものを選ぶことをおすすめします。