トップページ >> 妊娠前から葉酸を飲むのがおすすめです

妊娠前から葉酸を飲むのがおすすめです

火曜日, 2月 21st, 2017 | tuskmvd580 | Uncategorized

葉酸とは、ビタミンB群の一種でほうれん草から発見されました。
葉の食べ物や豆類やレバーなどの食品に多く含まれます。
厚生労働省は、妊娠の1か月前以上から葉酸を摂取することを推奨しています。

妊活を考えている女性にとって、大変重要な栄養素なので、摂るのが早ければ早いほど体に有効と言われています。
事前に備えて、体内に蓄えておくことが大切でもあります。
また、妊娠中は、通常の2倍の量を摂ることが必要と言われています。

葉酸は、妊娠12週までが大変重要で、この時期は胎児にとって重要な器官である脳や心臓、腎臓や神経などが形成されるからです。
細胞分裂が最も盛んにおこなわれる胎児のときに、正常な器官を形成するためには欠かせない栄養素です。

葉酸不足によって、胎児に先天性の異常や神経管閉鎖障害など現れる場合はあると調査で報告されているので、不足していることを軽く見ることはできません。
また、不妊にも関係していると言われています。
そのほか、悪性貧血や味覚障害、うつ症状などの症状が現れます。
葉酸を一日必要摂取量を摂取するには、普段の食生活では難しいです。

サプリメントまた、葉酸は水溶性の栄養素なので水に溶けやすく、熱に弱い特性を持っています。
それゆえに、食べ物で摂っても半分ほどの栄養しか摂れないこともあります。
従って、サプリメントなどで補うことで、摂ることが可能です。
また、女性だけれはなく、男性も一緒に摂ることが望ましいです。

では、どのような葉酸サプリを選べばよいでしょうか。
最近では、様々なメーカーからサプリメントが出ているので、消費者はどれを選べばよいか悩みます。
安全な葉酸サプリを選ぶためには、必要な含有量であること、天然由来のものであること、ビタミンB12の成分が配合されていること、なるべく無添加であることなどが挙げられます。

今後、出産を考えておられる方はもちろん、普段の生活においても葉酸を重要性を把握して、男女ともにしっかりと摂ることが大変重要となります。