トップページ >> 妊娠前から葉酸は必要?【葉酸の摂取期間とは】

妊娠前から葉酸は必要?【葉酸の摂取期間とは】

妊娠初期に葉酸が必須成分とされる大きな理由は、葉酸には細胞分裂を促して天性の奇形リスクを軽減する役割があるためです。
いわゆる妊娠初期(妊娠3ヶ月前後)までの時期というのは、胎児の細胞分裂盛んに行われる期間となります。

脳や脊髄をはじめ重要な組織が形成される大切な時期であり、この時期に葉酸不足すると神経管閉鎖障害といった先天的リスクの確率が高まることがわかっています。

このため厚生労働省では妊娠初期の女性に対し、400μg/1日を推奨摂取量とし母子手帳にもその必要性が記載されています。

妊娠前から摂取すればさらに安心

サプリメント
とはいえ、妊娠がわかるタイミングというのは個人差があるものです。
妊娠が判明しとたきにはすでに妊娠数ヶ月を経ている可能性もあります。

もちろん妊娠が明らかになった時点からでも葉酸を積極的に摂取するべきなのですが、できれば早いうちから確実に摂取しておきたいものです。
葉酸は普段の食生活では不足しがちな栄養素でもあることから、妊娠する前から意識して摂ったほうが良いのです。

妊娠の可能性がある人や、妊活に取り組んでいる人は、是非日頃から葉酸を摂取しておくことが安心材料となります。
妊娠前の女性にも妊娠初期と同じく400μg/1日の葉酸をサプリメントで摂取することが推奨されています。

妊娠率をアップさせる効果も

葉酸には胎児の奇形リスク軽減だけでなく、妊娠率を上げる効果も期待できます。

妊娠率アップには何より着床の確率を上げることがポイントになってくるのですが、葉酸には子宮内膜強化作用があり、これが着床率アップに大いに役立ちます。

また女性の大敵といわれる冷え症は妊娠にも良くない影響を及ぼすことがありるのですが、葉酸には造血作用があるため血行が良くなります。
冷え体質を改善して妊娠率アップにつながることからも、葉酸の摂取が重要であることがわかります。

葉酸の血行促進効果は受精卵の成長を大いに促す効果もあるので、妊娠力を付けたい人には強い味方となるのです。

葉酸不足を補うサプリメント

葉酸は水溶性で食品からだけの摂取では必要量をカバーすることが困難なため、サプリメントを活用すると効果的に体内に取り込めます。
葉酸サプリは1日の必要量がしっかり配合されており、水だけで服用できるのでとても手軽です。

食事が不規則になったり食欲がないときでも確実に葉酸を摂取できますし、小粒のカプセルや錠剤数粒なら毎日飲み忘れることも少ないので安心です。